(C)copyright FAITH MUSIC ENTERTAINMENT INC. All Right Reserved.

  • 「愛」と「生」をテーマに、その音楽表現をますます強く深く、圧倒的な領域に押し進めていることが感嘆と共に伝わるシングル。

    “よい朝を、いとしいひと”は、繊細なピアノと激情的なバンドサウンドの対比など、静と動をダイナミックに展開させながら「愛」をめぐる心模様を表現していく、ディスコグラフィの中でも屈指の美しさを誇る愛の曲。
    ゲストピアニストには、以前『r e ( construction )』にも参加した世武裕子を迎えている。

    “さよならより、優しいことば”は、00年代以降のインディロックのアプローチを取り入れつつ、より雄大で骨の太いアンセムへと展開させた、plenty史上最も力強く開けたポップネスを宿す楽曲。

    plentyというバンドが、もう1段階先の音楽的な進化と覚醒を果たしていっている様を、鮮やかに提示する2曲となった。
    ( from press release )


    -art work-

    太陽が、夜空を割って出てくるような幻覚。
    空のかけらを紡いでつくる夜明けの夢。
    ( アートディレクター 半田淳也 )

    両A面シングル
    よい朝を、いとしいひと/さよならより、優しいことば
    XQFQ-1213 926円+税
    2015.07.22 out

top