(C)copyright FAITH MUSIC ENTERTAINMENT INC. All Right Reserved.

  • アルバム『this』以降、音楽的にも精神的にも洗練と成熟を辿った plenty が次に求めたのは、今一度「バンド」として立つことーーつまり、生身の人間同士が互いの衝動や意志をぶつけ合い、そのスリリングな繋がりの中でしか生まれ得ないたったひとつの美しく強固な音楽を創造してゆく、そんなかけがえのないバンドというカラダを再び手に入れることだった。

    2014年夏、約3年におよぶドラマー不在を経て、新ドラマー中村一太、加入。

    欠けたピースを取り戻したplentyは、3ピースバンドとして互いの意志と衝動をぶつけ合いながら制作を開始。楽曲の制作方法も、ここ数年彼らの主流となっていた「あらかじめ江沼がアレンジを作り込んだ上で制作に取りかかる」という方法論から、骨組となるメロディやコード、最低限のリズム等を入れただけのラフなデモを基にで広げていくという方法論へと回帰。スタジオで生まれる刺激的な化学反応と新たなアイディアに触発され、他ならぬメンバー自身が昂揚と確信を募らせながら制作が進んでいった、その結晶が今回のミニアルバム『空から降る一億の星』として結実した。

    初期のような蒼く鋭利な衝動を宿したソリッドなバンドサウンドが迸る楽曲から、ここに至るまでの進化と深化を血肉化したソングライティングを新たなplenty流ポップソングとして昇華した表題曲まで、7つの新曲を収録。時に鋭く聴き手の心をエグり、時に大きな包容力で孤独と寂寥を包みながら、どこまでも生と世を深く激しく射抜くplentyの真価を鮮烈に刻みつけた、新たな始まりの一枚。
    ( from press release )


    -art work-

    「生の記憶」をモニターに映し出す。
    冷凍保存したヒマワリにケーブルを通し、情報を収集する安易な記憶装置。
    間もなく氷は溶け、その映し出された情報も途絶えるという。
    死を意識することで「生の記憶」は「生への願い」へと変化したように見えた。
    ( アートディレクター 半田淳也 )

    3rd mini album
    空から降る一億の星
    XQFQ-1212 1,667円+税
    2014.11.05 out

top